Special

ビーターの館 House of βeater

育成指南―エモーションヴォイド PLAYER LEVEL EXTRA 仲間のステータスや行動に影響を及ぼす「エモーションヴォイド」。それではどうやって育てればよいのか? その育成例を紹介。

エモーションヴォイドは円の中に泡のように浮いた「個性」の集合。キャラクターアナライズ画面で確認することができる。

この「個性」によって行動傾向と、ステータスの変化が発生する。育てたい「個性」はキャラクターアナライズ画面でロックすることで消さないようにすることができる。逆に消したい「個性」はロックせずに宿屋で寝ると、消すことができる。

選択した各個性によるステータス変化と行動傾向

エモーションヴォイドによる行動傾向

行動傾向の詳細については行動傾向一覧を確認してみよう

「個性」は特定の行動をとることで発生し、戦闘中にGood(イイネ)を行うことで成長させることができる。

「個性」は最大でLV5(1000)まで成長し、成長すると泡が大きくなる。円の中に入りきる分しか成長させられないため、ひとつを成長させた場合、そのほかの個性には限界が出てくる。

個性の種類

情熱的 攻撃と防御のソードスキルを使う思考の比重が高く、その行動を優先的に戦闘に組み戦う。
好戦的 敵のタゲを取りつつ、攻撃的なソードスキルと連携の能力を活かし前線で戦闘をする。
アウトロー 各種ソードスキルを使う思考の比重が高く、状況に応じたソードスキルを使い分けて戦う。
元気っ子 ソードスキルや連携を使いつつ、支援系スキルと回復で仲間と共に戦う思考を持つ。
知的 防御的な支援スキルで守備を固めながら、各種ソードスキルを駆使して戦う思考の傾向が強い。
クール 防御系のソードスキルと支援スキルを駆使して、敵の攻撃を捌きつつダメージを狙う思考を持つ。
策士 戦闘を有利にするために、ソードスキルによる敵の弱体化と、タゲを奪う思考の比重が高い。
仕切り屋 常に敵のタゲを持つ思考を優先しながら、仲間との連携や攻撃支援を駆使して戦う。
仲間思い 仲間を支援する思考が高く、スキルや回復のサポートを行いながら、戦闘での連携も行う。
世話焼き 各種支援スキルと回復の思考の比重が高く、仲間を常にサポートしながら戦う。
優しい 回復行動を使用する思考が非常に高く、戦闘中は常に仲間の命を守ろうと行動する。
素直 支援系スキルと回復の思考の比重が高く、戦闘中では仲間のサポートに長けた戦闘を行う。
天然 各種支援スキルを使う思考が高く、戦闘時には仲間をサポートする戦いに特化する。
無邪気 自身へのヘイトを減らし、回復と敵の弱体化ソードスキルによるサポートの思考が高い。
意地悪 敵を弱体化させるソードスキルを使用する思考のみが突出して高い、極端な思考を持つ。
天邪鬼 敵を弱体化させるソードスキルと、支援スキルを使う思考の比重が高くサポートに徹する。
照れ屋 攻撃、防御、支援の思考を平均的に上昇させ、さらに高度な戦闘行動を行うようになる。
おとなしい 攻撃と防御の思考を極力抑えることで、仲間への回復と支援スキルに徹して戦闘を行う。
泣き虫 支援系スキルを使う思考の比重が非常に高く、戦闘では仲間のサポートを重点的に行う。
臆病 防御系スキルを優先する思考を持つことで、敵の攻撃を捌きながら仲間の回復を行う
ツンデレ 攻撃的ソードスキルと回復行動という二つの思考が強く、両極端な戦いを好む傾向がある。
むっつり 淡々と各種支援系スキルを重視しした思考が強く、一歩引いた裏方に徹した戦闘を行う。
エッチ 敵の弱体化を狙ったソードスキルを好む思考を持ち、仲間への回復も忘れない。
セクシー 敵のタゲを取りたがる思考が強いが、支援スキルと回復で味方へのサポートも行う。

それではどのように育成していくのがいいのか? 育成例を紹介しよう

育成例1 バランスよく育てる

円の中を最もうまく使えるのは、LV3を1つ、LV2の大きさを4つ、LV1を1つの組み合わせ。ただし、違う系統の個性を多く成長させると、全ての行動を中途半端に行ってしまう。個性のレベルも低いため、レベルの低い行動やスキルしか使わないというデメリットもある。

育成例2 特化して育てる

一番大きな円(LV5)を作ると、結果としてステータスや行動傾向の合計値が低くなってしまうが、一つの個性のポイントが最大化されるので、その個性の行動のみを行い無駄な行動が減るのがメリットになる。

育成例3 同傾向でまとめる

戦闘時の行動を、各分野のスペシャリストにするなら、いたずらに色々なエモーションを育てるのではなく、同じ系統のエモーションをバランス良く育てるのが良い。

戦闘スタイルにあわせて、どの個性を育てていくかが大事になる

行動傾向一覧

攻撃(ATK)攻撃技 攻撃的で強力な(よりレベルの高い)ソードスキルを使うようになる。
攻撃(ATK)連携 プレイヤーのソードスキルに反応して連係ソードスキル攻撃の頻度と、
より強力なソードスキルを使うようになる。
攻撃(ATK)支援 攻撃に繋がるバトルスキルを使う頻度が上がる
防御(DEF)攻撃技 防御的な効果を持つ(より強力な)ソードスキルを多用するようになる。
防御(DEF)タゲ ターゲットを取る行動を定期的に行ない、プレイヤーのピンチを救う頻度が上がる。
防御(DEF)支援 パーティの防御力を引き上げるバトルスキルや、盾を使った行動を定期的に行なう。
支援(BUF)弱体 敵を弱体する(より強力な)ソードスキルや、行動を阻害するスキルを多用するようになる。
支援(BUF)支援 支援もしくは弱体効果のバトルスキルを多用するようになる。
支援(BUF)回復 回復系のバトルスキルを多用するようになる。
汎用(ETC)親愛 親愛行動を行なうようになる。プレミアを例にすれば、
挨拶したり元気だったりなどの行動が増える。
汎用(ETC)色気 セクシーな行動を行なうようになる。プレミアを例にすれば、甘えてきたりする。
汎用(ETC)賢い しっかりした人の行動を行なうようになる。プレミアを例にすれば、
礼儀正しくしたり、考えるなどの行動が増える。
汎用(ETC)自発 プレイヤーへの自発的な働きかけが増える。

エモーションヴォイドの発生条件

下記条件を満たすことで、低確率で個性が発生します

情熱的 攻撃 戦闘中に攻撃的なバトルスキルを使った時
好戦的 攻撃 戦闘中に同時連携に成功した時
アウトロー 攻撃 戦闘中にソードスキルを使った時
元気っ子 攻撃 「フィーリング:はしゃいでいる」でデートを終えた時
知的 防御 スイッチを行なった時
クール 防御 戦闘中に回避行動を行なった時
策士 防御 ヘイトを稼ぐ行動を行なった時
仕切り屋 防御 防御区分のソードスキルを使った時
仲間思い 支援 戦闘中に範囲の支援系のバトルスキルを使った時
世話焼き 支援 戦闘中にHP回復を行なった時
優しい 支援 「フィーリング:幸せな気分」でデートを終えた時
素直 支援 戦闘中に個別の支援系のバトルスキルを使った時
天然 支援 街中で主人公を見つけてするアクション実行時
無邪気 支援 非戦闘時の仕草アクションを行なった時
意地悪 支援 戦闘中に弱体系のバトルスキルを使った時
天邪鬼 支援 戦闘中に弱体系のソードスキルを使った時
照れ屋 汎用 ランダムで発生
おとなしい 汎用 デート自体の終了&フィーリング変化無しの時
泣き虫 汎用 デート自体の強制終了時
臆病 汎用 デートアクション「全て」失敗時
ツンデレ 汎用 友好RANK3以上で手つなぎに失敗した時
むっつり 汎用 お姫様抱っこに成功した時
エッチ 汎用 「フィーリング:エッチな気分」でデートを終えた時
セクシー 汎用 デートアクション「キスする」成功時

※個性はこれ以外にもランダムで発生することもあります。また、円に隙間がない場合それ以上個性は発生しません。

PAGE TOP
Playstation 4 Playstation Vita

許諾番号:9010553182Y45040 © 2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOⅡ Project © BANDAI NAMCO Entertainment Inc. "PlayStation"、"PS4"および"PSVITA"は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

  • ツイート
  • Facebook
  • Google+
  • Follow me